MENU

ThreePEACE

YUKI ISHIKAWA 

インタビュー

Qヘアメイクを目指そうと思ったきっかけは?

ヘアーメイクアップアーティスト黒田啓蔵さんです。そして、スリーピースの先輩方です。

僕が20歳の時からビューティー誌やファッション誌で大活躍していた先輩方は自分の憧れでした。

その中でも黒田さんのメイクや現場風景を動画で見たときは衝撃でした。

「なんだこの数のメイク道具…、鏡に電球が付いている!etc...」そこからは使用コスメを買ったり

雑誌のプロセスを見て練習したり。そしていつかはレジェンド達のようになりたいと志すようになりました。

他にもいくつかありますが、正直「自然に目指していた」という感じです。

自分のくせ毛と肌荒れに悩み美容が好きになり、メイクの楽しさを伝えていきたい。と自然の流れで今の自分がいます。

 

Qどんな経緯でヘアメイクになりましたか?

初めは美容師をしていました。そこから先輩方の影響で、ヘアメイクに憧れ1度美容師から離れました。 

そのあとは何も分からず、とにかくメイクが出来る環境を探し、電話、電話、修行、営業、バイト、みたいな日々でしたね。

少しずつお仕事もいただき嬉しい反面「本当に自分は最高の仕事ができているのかな?」と苦悩することも増えました。

苦悩は年々強くなり「アシスタントをしてやり直そう」と思うようになりました。

そんな気持ちが引き寄せたのでしょうか、道端で偶然黒田さんに会うことができました。

これは運命だと思いすぐにスリーピースに電話をしました。

スリーピースに何度か電話するようになり、3年越しに事務所の社長がお話する時間を設けてくれました。

憧れの事務所に自分を知ってもらえる、ただそれだけでも十分なはずが、まさかアーティストの活動を進めてくれ、なんとスリーピースに所属することができました。

本当に僕は人とのご縁に恵まれているんです。

 

QThree PEACEに所属。今後はどんなお仕事をしたいですか?

「今はいただけるお仕事に最善を尽くす」という感じです。メイクアップすることができる、それで十分今は幸せです。

しいて言えば、自分に自信のないコンプレックスガールのお役に立ちたいですね。

シンデレラに魔法をかけた魔女みたいな(笑)

美容で人生変えられると伝えたいです。

「誰でもシンデレラ」自分のメイクコンセプトの一つです。

だからこそ今はいただける仕事に自信を持っていい仕事をしたと思えるように精進とベストを尽くしていきたいです。